New Bullhide : Grand Bull

KIGOに新たにラインナップされたGrand Bull (グランドブル)。

一体どんな特徴があって、何が違うのか。

このブルハイド レザーについて、ゆっくりご説明します。





レザーの欠点を改善する


ブルハイドに限らず、レザーというのは本当に優れた材料だ。

鉄や木のように山林を崩す必要はなく、レアメタルのように見つけるのに苦心することもなければ、石油のように戦争の原因になることなんて絶対にない。

あくまでも我々人間が腹を満たすためにいただいた、食肉の副産物なのだ。

数年前までは毛皮を目的に残酷な屠殺をしていた国があったが、それももう皆無だ。


皆さんが肉を食せばその流れで、材料のレザーは生まれる。



レザーというのは、バッグならば10年や20年は当たり前に使えるし、しっかりとした作り手の元から提供されたものであれば、2世代や3世代は平気で使い続けることができる。

私が所有する最も古い革製品は第一次世界大戦当時のもので、いまだに現役だ。


そうは言っても我々の愛するレザーにも、ちゃんと欠点はある。

雨に濡れるとシミになる

傷がつきやすい

重い

…などだ。


もしあなたがお持ちの革製品がこれらの欠点を持っていたら、それは疑うことなくいいレザーだ。是非大切に使い続けて欲しい。


しかし、特に最近はレザーを愛用する人はすっかり減ってしまって。

革製品て高いんでしょ?

手入れが大変なんでしょ?

重いしイヤ。

っていうか、動物殺すんでしょ?

なんてことを言って、敬遠されてしまう。


合っているところもあるが、ほとんどは根も葉もないレザーに対する噂だ。

しかし我々革製品を作る者にとって、こういった方々の声はグサリと刺さる。

やはり革製品を手に取っていただき、その良さに気づいて欲しいのだ。


レザーに縁のなかった方に、レザーを好きになっていただくキッカケを作りたい。

そんな重いで、その一役を担うべく Grand Bull (グランドブル)を作った。



革の欠点をわかりやすく改善したブルハイド だ。

雨に濡れてもシミにならない。

傷がつきにくい。

ブルハイドらしく荒々しく分厚いが、しなやかで軽い。

お手入れは不要。


いかがだろうか。

これならレザーを敬遠されていた方も、少しは興味を持っていただけるだろうか。





新たな挑戦


そしてこの Grand Bull というブルハイド、ただ欠点を改善しただけのレザーではない。

技術的に大変難しいことにチャレンジしたブルハイド なのだ。


ご覧いただければ分かる通り、レザーの表(銀面・吟面)と裏(床面)の色が違う。

革作りにおいて、床面の色より銀面の色を濃く作るのが定石で、その逆は基本的に出来ない、というよりするものではないのだ。


何度も失敗を重ねて未だにアップデート中ではあるが、なんとか実現することが出来た。

誰も作ったことがない革だ(KIGO調べ)。


革の切り口は銀面とは対照的な色のため、とても色が映える。

通常、切り口の色を際立たせたいデザインの場合は、後からペンキのような溶剤を塗布するのだが数年、いや数ヶ月でその溶剤が剥がれたりひび割れてしまう。

しかし、この Grand Bull はそんなことは絶対に起きない。

ずっとこのままだ。


おまけにこの Grand Bull 、ブルハイドのシボをより際立たせるように仕上げた。

これでもかというくらい、ブルハイドだ。


世界で唯一のブルハイドブランド、KIGOがお届けするNew Bullhide : Grand Bull 。

嫌でもブルハイドのカッコ良さに気づいていただけるはずだ。


0回の閲覧

06-7171-8411

info@kingyoseihou.com

578-0943 大阪府東大阪市若江南町1-4-9

  • @kigo_official
  • Kingyoseihou CO.,LTD
  • KIGO
  • KIGO -Bullhide Collection-

©2020  KINGYOSEIHOU co.,ltd.     ©2020 イオイオ by 'Iolani,Inc.