U.S.A. Army Duck が登場

最終更新: 5月3日

KIGOのブルハイドと相性抜群の生地を、コレクションに加える。

現在進行形で、米軍が軍需品として採用している生地だ。



高機能な化繊が発明されている昨今において、未だに綿生地が軍需品として頑なに採用され続けているのは、いささか腑に落ちないところだった。なぜなら、化繊に比べて綿は重いし強度が劣ることもあるからだ。

しかしながらそんな疑問はいとも簡単に、すっきり解決された。


理由はシンプルだ。



米国では重要な綿花産業

まず一つ目は、綿花産業が米国においてきわめて古い歴史を持っているということ。

すなわち、政治へも相応の力をもっているということだ。これは世界中どこの国でもあることなので、なるほどそういうことかと容易に理解できる。


二つ目は、リーバイスやラングラーを生んだように米国では綿花産業の存在は大きく、生産量は莫大で、つまりは自国内で綿花→生地に出来るということ。非常事態に陥っても軍に生地を供給し続けられる。



買えない軍需品

タフな兵士の相棒である軍需品も、やはりタフだ。

軍需品は国を守る兵士たちの道具であり、その品質は彼らの命に直結するものであるだけに信頼性が高い。そんなものを売ってくれといっても、、、当然そう簡単に売ってはくれない。

しかしわれわれKIGOは、強力なパートナーの力添えを得てそれを手に入れた。


この生地、米軍へ世界の3か所から供給しているそうで、うち2か所は米国内。

この2か所で生産している分は一切、販売していただけないそうだ。では残る1か所はというと、極東地域の部隊に供給しているイスラエルの工場。イスラエルでの生産分もやはり、綿花は米国産しか使わないそうだ。(※米国とイスラエルの特殊な関係については、別で検索していただきたい。)

なんとそのイスラエルのものなら売っていただけるということで、ようやく我々の手元にある。機織りはイスラエル、染めは日本国内だ。


この生地と我々KIGOのブルハイドは、すこぶる相性がいい。カッコイイということと丈夫であるということだ。


まずはあなたの街の、KIGO正規取扱店でご覧いただきたい。


ONLINE STORE でご覧になるのはこちらから




249回の閲覧

06-7171-8411

info@kingyoseihou.com

578-0943 大阪府東大阪市若江南町1-4-9

株式会社 金魚製鞄

  • @kigo_official
  • Kingyoseihou CO.,LTD
  • KIGO
  • KIGO -Bullhide Collection-

©KINGYOSEIHOU co.,ltd.           ©イオイオ by 'Iolani,Inc.